意欲的な大学1年生のための教科書リスト【統計】

今回は統計を今後応用していく上で盤石な基礎を固められる教科書3つ紹介します。

 

統計は昨今ブームとなっている機械学習の基礎としてしばしば取り上げられますが、基礎的な統計手法はすべての理系に必須な知識であると思います。ここでは概ね大学1年生の知識で読めるものを紹介しますが、統計を専門的に学ぶ場合はより高度な数学の知識(確率論など)が必要になります。それらについてもいずれ紹介しようと思います。

 

※ここで紹介するものは、「単位が取れればいい」や「今後統計を使う分野には進まない」という人にはまったくおすすめできないものですので注意してください。

 

倉田 博史・星野 崇宏「入門統計解析」

www.kinokuniya.co.jp

東大の教養学部の総合科目として開講されている「基礎統計」の教科書として採用されています。文系の方でも問題なく読めるように基礎から丁寧に解説が書かれています。この1冊だけでは不安な内容ですが、この内容を完璧にすれば統計検定2級は合格できると思います。

 

小寺 平治「明解演習 数理統計」

www.kyoritsu-pub.co.jp

演習という名前ですが、例題を通して効率的に統計手法を学ぶことができます。見かけによらずレベルは少し高めです。アクチュアリー試験の数学のための参考書としても定評のある本です。無論、理論の解説はあまりされていないので一つ目の本と併用すると良いと思います。

 

久保川 達也「現代数理統計学の基礎」

www.kyoritsu-pub.co.jp

教養レベル〜専門基礎あたりまでの内容を理論的にしっかりと網羅した本です。これを1冊完璧にすれば統計検定1級の統計数理は難なく合格できると思います。何冊も手を出すよりもこの本一冊を(苦労しても)何周もする方が近道になると思います。

また、この本の演習及び解答はこちらに掲載されています。これが自習する場合にはかなり助けになると思うので、総合的に最もおすすめできる本です。

sites.google.com

 

以上、皆さんの参考になれば幸いです。